国際ソロプチミスト概要

国際ソロプチミストは、管理職、専門職に従事する女性で構成され、世界中の女性と女児の生活を向上させるために地域社会で奉仕活動をしている世界的組織です。国連では、経済社会理事会に所属し意見を述べる権利を持っています。
世界117カ国 3103クラブ 約80,000人。日本510クラブ 約12,000人の会員がいます。

ソロプチミストは、“soror 姉妹”と“optima 最良”という2つのラテン語から作られたもので「女性にとって最良のもの」という意味です。

国際ソロプチミスト東下関の紹介

会長あいさつ

 東下関クラブは、国際ソロプチミストの理念のもと女性と女児の生活を向上させ、また、持っている能力を発揮できるようにサポートするボランティア団体です。
 その活動の一環としてチャリティー茶会(長府庭園)、馬関祭りチャリティーバザーの他、諸イベントを催し、その収益を女性の自立や子どもの教育助成金(中学生ホームステイの一部助成)、海外や地域での災害支援金等に充てさせていただいています。
 ひとりの力は小さなものでも寄せ合うことにより、大きな力となります。あなたもその力となって、私たちと一緒にソロプチミストの活動に参加されませんか?

貞金 洋子  任期(2017年7月~2018年6月)

認 証
1990年6月(国際ソロプチミスト下関よりスポンサー)
会員数
34名(2017年7月1日の在籍数)
例会日時
毎月第3月曜日 12:30〜14:30
例会場所
シーモールパレス