国際ソロプチミスト概要

国際ソロプチミストは、管理職、専門職に従事する女性で構成され、世界中の女性と女児の生活を向上させるために地域社会で奉仕活動をしている世界的組織です。国連では、経済社会理事会に所属し意見を述べる権利を持っています。
世界117カ国 3103クラブ 約80,000人。日本510クラブ 約12,000人の会員がいます。

ソロプチミストは、“soror 姉妹”と“optima 最良”という2つのラテン語から作られたもので「女性にとって最良のもの」という意味です。

国際ソロプチミスト東下関の紹介

会長あいさつ

ソロプチミスト東下関 国際ソロプチミスト東下関は今年で認証30周年を迎えました。
認識(創立)以来「女性と女児の生活向上」を柱に奉仕活動を続けてこられたのも地域の皆様方の温かい御支援の賜物と心より感謝しております。
これからも様々な収益事業を原資にして女性と子どもたちへの奉仕活動を続けて参る所存でございます。
今後とも私達の活動にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

野口 裕子
任期(2019年7月~2020年6月)

認 証
1990年6月(国際ソロプチミスト下関よりスポンサー)
会員数
34名(2018年7月1日の在籍数)
例会日時
毎月第3月曜日 12:30〜14:30
例会場所
シーモールパレス